×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP > OTHER > 共同企画 > 回答

よーすけさんの回答

relaxaholic

○お名前※
よーすけ

○性別
男です。

○メールアドレス

○ホームページURL
http://www.relaxaholic.com/

○あなたの好きな好きなバンド・アーティストベスト5※
5位 Muse
数あるUKロックバンドの中でも一際美しいメロディを放ち続ける。そのスケール、世界観は他の追随を許さない。狂気じみた歌声も必聴。

4位 Green Day
中学のときにめちゃくちゃ流行りまくったグリーンデイ。邦楽しか聞いていないような人でも「Basket Case」を知っている人が多かった。現在彼らはさらに進化を遂げ「American Idiot」というモンスターアルバムを作り上げた。

3位 The Offspring
俺を完全に洋楽の世界に誘うこととなったのがオフスプリングとの出会いだった。あの力強い歌声とある種独特のメロディと疾走感がツボ。デクスターかっこよすぎ。

2位 Me First And The Gimme Gimmes
パンク・メロコア好き、カバー曲好きにはたまらない!あらゆるジャンルの曲をパンクでカバー、そしてその選曲、カバーに関してもハイセンス!

1位 Linkin Park
俺の中で文句なしのナンバー1グループであるリンキンパーク。
マイクの歯切れの良いラップとパフォーマンス、チェスターの甘くも力強い歌声、メロディックな楽曲などどれも世界最強。

○あなたが今一番注目すべきと考える「Hotな」バンド・アーティストは誰ですか?(3つまで)※
・Arctic Monkeys
ベタ。今時の音だけどいいものはいい。

・Daphne Loves Derby
脅威の新人バンド。格が違う!

・Summerside
こちらも新人。カナダのポップ・パンク・バンドでは一番好き

○あなたの好きな人物は誰ですか?(3人まで)※
・Chester Bennington(Linkin Park)
世界一のボーカリスト。シャウトまでが美しい。

・Billie Joe(Green Day)
言うまでもなく、パンクというものを身近にしてくれた功労者。彼がいなければパンクに興味を持つところまでもいけなかったかもしれない。

・Dexter Holland(The Offspring)
文武両道とはまさにこの人。分子生物学の博士号を持ち、自家用飛行機で世界を旅する男。もちろん曲も最高。

○あなたが自分のベストアルバム(ベストプレイリスト)を作成するとしたらどんなアルバム(プレイリスト)を作りますか?(20曲まで・すべて違うバンド・アーティストで)※
アルバムタイトル
「メロディック・パンク・ベスト」
tr.タイトルアーティスト
1.so long, astoriaThe Ataris
2.My Friends Over YouNew Found Glory
3.I Woke Up In A CarSomething Corporate
4.Capitalist SuicideThe Suicide Machines
5.Another Perfect DayAmerican Hi-Fi
6.Welcome To The Black ParadeMy Chemical Romance
7.View from HeavenYellowcard
8.MemorySugarcult
9.EverytimeSimple Plan
10.The Broken BonesMxpx
11.In the ShadowsStory of the Year
12.Ready to FallRise Against
13.AnthemZebrahead
14.Of All The Gin Joints In All The WorldFall Out Boy
15.Lifestyles of the Rich & FamousGood Charotte
16.UP SONGDonots
17.Somewhere on FullertonAllister
18.Kids Aren't AlrightThe Offspring
19.Let Me DownNo Use For A Name
20.Good Riddance (Time of Your Life)Green Day

○最後にコメントをお願いします。サイトについて、この企画内容について等なんでも結構です。
今回はキャッチーさを重視して作ったアルバムにしてみました。
とっついてしまえば、世界を見渡した方が自分に合う音楽に出会える確率の方が高いので、洋楽を聞かない人にでも聞いてほしい!という願いをこめたアルバムです。
洋・邦問わずに音楽を楽しんでいきましょう!

2007/12/23 回答