×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP > COLLECT > 原曲紹介 > Blow In The Wind

Blow In The Wind
通算3作目にあたる今回は1960年代の名曲がテーマ。ビートルズ、ボブ・ディラン、ビーチ・ボーイズもビックリのこのノリノリ具合!もとが名曲揃いなだけにもう最高!全部おすすめですが、とりあえず#01, #03, #04, #07, #08, #10あたり(絞れません 笑)
タイトル原曲アーティスト
01. Blowin' In The WindBob Dylan1963聴き比べ
02. Sloop John BThe Beach Boys1966聴き比べ
03. Wild WorldCat Stevens1970聴き比べ
04. Who Put The Bomp (In The Bomp, Bomp, Bomp)Barry Mann1961聴き比べ
05. ElenorThe Turtles1968聴き比べ
06. My Boyfriend's BackThe Angels1963聴き比べ
07. All My LovingThe Beatles1963聴き比べ
08. Stand By Your ManTammy Wynette1968聴き比べ
09. San FranciscoScott McKenzie1967聴き比べ
10. I Only Want To Be With YouDusty Springfield1963聴き比べ
11. RunawayDel Shannon1961聴き比べ
12. Will You Still Love Me TomorrowThe Shirelles1960聴き比べ
13. Different DrumLinda Ronstadt1967聴き比べ

※歌詞をお探しの方は、LINKS > その他 > 洋楽歌詞検索サイトetc. から検索してみてください。
※もう1つの原曲? ≫イントロ引用etc.一覧


01 titleBlowin' In The Wind
artistBob Dylan (official)
1941年ミネソタ州デュルースでロバート・アレン・ジマーマン(後にボブ・ディランと改名)として生まれ、62年にアルバム「Bob Dylan」でブルース・シンガーとしてデビュー、その後フォーク、ロックとサウンドを変化させていきながらも、今までに40枚以上のアルバムを発表しています。 現在も作詞作曲や、毎年100回以上のコンサートを世界各地で行っています。 「Blowin' In The Wind(風に吹かれて)」はフォーク・シンガー時代の代表作の1つで、63年「Freewheelin' Bob Dylan」の1曲目に収録。 ギター一本で非常にシンプル、だがそこがいい! 65年頃からロックに移行していき、ロックンロール史上最高のシングルと評価されている「Like A Rolling Stone」もその頃の作品。 右のアルバムはディランの長いキャリアを網羅していますので、まずはどうぞ。 また、ディランに興味を持った方は「ノー・ディレクション・ホーム」という彼の貴重な証言やライブ映像を集約したドキュメンタリー映画を是非! 公式サイト
収録CDThe Essential Bob Dylan (2000)
≫ 購入
 > Amazon
 > HMV
≫ レンタル
 > DISCAS
 > DMM
 > ぽすれん *
≫ 試聴
 > iTunes
 > YouTube
(Disc1)
01. Blowin' In The Wind
02. Don't Think Twice, It's All Right
03. The Times They Are A-Changin'
04. It Ain't Me, Babe
05. Maggie's Farm
06. It's All Over Now, Baby Blue
07. Mr. Tambourine Man
08. Love Song
09. Like A Rolling Stone
10. Positively 4th Street
11. Just Like A Woman
12. Rainy Day Women #12 & 35
13. All Along The Watchtower
14. Quinn The Eskimo (The Mighty Quinn)
15. I'll Be Your Baby Tonight
(Disc2)
01. Lay, Lady, Lay
02. If Not For You
03. I Shall Be Released
04. You Ain't Goin' Nowhere
05. Knockin' On Heaven's Door
06. Forever Young
07. Tangled Up In Blue
08. Shelter From The Storm
09. Hurricane
10. Gotta Serve Somebody
11. Jokerman
12. Silvio
13. Everything Is Broken
14. Not Dark Yet
15. Things Have Changed
オススメ曲… (1)#01, 03, 04, 07, 09 (2)#01, 05, 09
総合的オススメ度… ★★★☆
イントロ引用
etc.
artisttitle
iTunes
NOFXPerfect Government, アルバム「Punk In Drublic」の隠しトラックYouTube
▲曲目リストへ戻る


02 titleSloop John B
artistThe Beach Boys (official)
1961年結成のアメリカのロックンロールバンド。 結成当時のメンバーはブライアン、デニス、カールのウィルソン兄弟、いとこのマイク・ラヴ、友人アル・ジャーディン。 最初は“ペンデルトーンズ”というバンド名でしたが、レーベルと契約、デビューシングル「Surfin」をリリースする際、いつの間にやら“ザ・ビーチ・ボーイズ”へと変更に。 66年にブライアンの最高傑作とも称される、ポップミュージック界に多大な影響を与えたアルバム「Pet Sounds」を発表。 ビートルズのアルバム「Rubber Soul」から影響を受け作られたことでも有名です。 「Sloop John B」はこの7曲目に収録。 同年全米No.1シングル「Good Vibrations」以後はブライアンの精神病もあり売り上げを落としますが、88年「Kokomo」が22年ぶりに全米No.1を獲得し復活を果たします。 キャリア全体から幅広く選曲されたのが右のベスト。 多くの曲で聞くことができるハーモニーが印象的です。
収録CDSounds of Summer: The Very Best of the Beach Boys (2003)
≫ 購入
 > Amazon
 > HMV
≫ レンタル
 > DISCAS
 > DMM
 > ぽすれん *
≫ 試聴
 > iTunes
 > YouTube
01. California Girls
02. I Get Around
03. Surfin' Safari
04. Surfin' U.S.A.
05. Fun, Fun, Fun
06. Surfer Girl
07. Don't Worry Baby
08. Little Deuce Coupe
09. Shut Down
10. Help Me, Rhonda
11. Be True To Your School
12. When I Grow Up (To Be A Man)
13. In My Room
14. God Only Knows
15. Sloop John B
16. Wouldn't It Be Nice
17. Getcha Back
18. Come Go With Me
19. Rock And Roll Music
20. Dance, Dance, Dance
21. Barbara Ann
22. Do You Wanna Dance?
23. Heroes And Villains
24. Good Timin'
25. Kokomo
26. Do It Again
27. Wild Honey
28. Darlin'
29. I Can Hear Music
30. Good Vibrations
オススメ曲… #01, 03, 04, 11, 16, 20, 28, 30
総合的オススメ度… ★★★★
イントロ引用
etc.
artisttitle
iTunes
The RamonesTeenage LobotomyYouTube
▲曲目リストへ戻る


03 titleWild World
artistCat Stevens (official)
1948年ロンドン出身。60年代末から70年代前半にかけ活躍していたシンガーソングライターです。 幼い頃から宗教に興味を示していた彼は、兄にもらったコーランを読み感動し、79年にイスラム教に改宗し名前もユスフ・イスラム(Yusuf Islam)に変わっています。 その後は音楽界から引退し、英国を中心にイスラム教徒の地位向上のため慈善活動に取り組んでいますが、イスラム教関連のアルバムはリリースしているようです。 「Wild World」はMr. Bigもカバーした名曲。ギミギミズがカバーすればテンション上がりまくりなナンバーに!かなりお気に入りです。 他にも「Morning Has Broken(雨に濡れた朝)」や「Moonshadow」など深みのある声を堪能できます。 さらに「Matthew & Son」は個人的にも是非聴いてもらいたい名曲です!
収録CDThe Very Best Of Cat Stevens (2000)
≫ 購入
 > Amazon
 > HMV
≫ レンタル
 > DISCAS
 > DMM *
 > ぽすれん
≫ 試聴
 > iTunes
 > YouTube
01. Moonshadow
02. Father & Son
03. Morning Has Broken
04. Wild World
05. The First Cut Is The Deepest
06. Lady D'Arbanville
07. Oh Very Young
08. Matthew & Son
09. Sitting
10. Hard Headed Woman
11. I Love My Dog
12. Ruby Love
13. Don't Be Shy
14. Can't Keep It In
15. Here Comes My Baby
16. Into White
17. (Remember The Days Of The) Old School Yard
18. Where Do The Children Play?
19. How Can I Tell You
20. Another Saturday Night
21. Sad Lisa
22. Just Another Night
23. Peace Train
24. If You Want To Sing Out, Sing Out
オススメ曲… #03, 04, 08, 09, 21
総合的オススメ度… ★★★★
▲曲目リストへ戻る


04 titleWho Put The Bomp
(In The Bomp, Bomp, Bomp)
artistBarry Mann (official)
1939年N.Y.はブルックリン出身のソングライター。高校の後輩にはキャロル・キングがいて、現在も音楽仲間として交流が続いています。 彼は歌い手としてよりむしろ作曲家として有名で、60年代から80年代にかけ数多くの名曲を生み出してきました。 ライチャス・ブラザーズ、アニマルズ、B.J.トーマス、リンダ・ロンシュタットドリー・パートン等々提供したアーティストは数知れず。 さらに作詞の多くは彼の妻であるシンシア・ウェイルが担当しています。 右のアルバムは61年発表のシンガーとしてのデビュー作で、彼のポップセンスがいかんなく発揮されています。 シングル「Who Put The Bomp」は全米7位を記録する大ヒットとなりますが、その後ヒットは続きませんでした。 彼のセルフ・カバー集「Soul & Inspiration」もオススメですので是非!
収録CDフー・プット・ザ・ボンプ~コンプリートABCレコーディングス (2000)
≫ 購入
 > Amazon
 > HMV *
≫ レンタル
 > DISCAS
 > DMM *
 > ぽすれん
≫ 試聴
 > iTunes
 > YouTube
01. Who Put The Bomp (In The Bomp, Bomp, Bomp)
02. I Love How You Love Me
03. The Way Of A Clown
04. Sweet Little You
05. Bless You
06. The Millionaire
07. War Paint
08. Happy Birthday Broken Heart
09. Countin' Teardrops (Instead Of Sheep)
10. Footsteps
11. Find Another Fool
12. Love, True Love (I Put You Down)
13. Hey Baby I'm Dancin'
14. Like I Don't Love You
15. Little Miss U.S.A.
16. Teenage Has Been
オススメ曲… #01, 03, 07, 10
総合的オススメ度… ★★★★
▲曲目リストへ戻る


05 titleElenore
artistThe Turtles (official)
1960年代後期に活躍したバンド、タートルズ。 もとは63年にロサンジェルスの隣り町で“The Crossfires”として結成されました。 地元のクラブのオーナーの手助けもあり、White Whaleレコードと契約、バンド名も現在のものとなりますが、“Byrds”というバンドの影響を受け、最初はスペルが“Tyrtles”となっていました。 65年にボブ・ディランのカバー「It Ain't Me Babe」でデビューすると、全米トップ10に入るヒット。 2nd「Let Me」、3rd「You Baby」もそれなりの売り上げを残しますが、以降は商業的に失敗に終わっており、そんな彼らの転機となったのが66年の9thシングル「Happy Together」です。 この曲は全米No.1をはじめ世界中でヒットし、60年代アメリカンポップスを代表する曲の1つとなりました。 「Elenore」は68年リリースのヒット曲。 バンドは70年に解散しますが、現在再び活動を続けています。
収録CDHappy Together: The Very Best Of The Turtles (2004)
≫ 購入
 > Amazon
 > HMV
≫ レンタル
 > DISCAS
 > DMM
 > ぽすれん
≫ 試聴
 > iTunes
 > YouTube
01. Happy Together
02. She'd Rather Be With Me
03. Let Me Be
04. You Know What I Mean
05. You Baby
06. Elenore
07. It Ain't Me Babe
08. She's My Girl
09. Eve Of Destruction
10. You Showed Me
11. Outside Chance
12. Can I Get To Know You Better
13. You Don't Have To Walk In The Rain
14. Grim Reaper Of Love
オススメ曲… 
総合的オススメ度…
イントロ引用
etc.
artisttitle
iTunes
The ClashLondon CallingYouTube
▲曲目リストへ戻る


06 titleMy Boyfriend's Back
artistThe Angels (official)
リード・シンガーのペギー・サンティグリアとオールバット姉妹の3人組のガールズ・グループです。 1950年代の終わりから、彼女達は様々なユニット(スターレッツ・デリケイツ・ハローズ etc.)で活躍をしていました。 「My Boyfriend's Back(私のボーイフレンド)」は63年リリースで全米No.1ヒットのエンジェルス代表曲です。 キュートなコーラスが繰り返し続き、とってもポップでかわいいナンバーに仕上がっています。 ギミギミズカバーの方はそれをオッサン達が演奏して歌ったらこうなりました、みたいな(笑)いい味出てますよ〜。 エンジェルスのCDは手に入りにくいものが多いので、ここではレディース・ポップスばかりを集めたコンピレーション盤を紹介しておきます。 シュレルズも入っておりオススメです。
収録CDレディース・アメリカン・ポップス (2005)
≫ 購入
 > Amazon
 > HMV
≫ レンタル
 > DISCAS
 > DMM
 > ぽすれん
≫ 試聴
 > iTunes
 > YouTube
01. Soldier Boy / The Shirelles
02. Leader Of The Pack / Shangri-Las
03. The Boy From New York Cith / Ad Libs
04. My Boyfriend's Back / The Angels
05. He's So Fine / Chiffons
06. The Tennessee Waltz / Patti Page
07. Da Doo Ron Ron(When He Walked Me Home) / The Crystals
08. Baby It's You / The Shirelles
09. Lollipop / Chordettes
10. It's My Party / Lesley Gore
11. He's A Rebel / The Crystals
12. Tell Him / The Exciters
13. Will You Love Me Tomorrow / The Shirelles
14. Chapel Of Love / Dixie Cups
15. You Don't Own Me / Lesley Gore
16. Mr. Sandman / The Chordettes
17. The Wayward Wind / Gogi Grant
18. Come On-A My House / Rosemary Clooney
19. Rose Garden / Lynn Anderson
20. Zip-A-Dee-Doo-Dah / Bob B. Soxx And The Blue Jeans
オススメ曲… #06, 07, 09, 11, 13, 16
総合的オススメ度… ★★★☆
▲曲目リストへ戻る


07 titleAll My Loving
artistThe Beatles (official)
説明不要の世界一有名なグループ、ビートルズの通称赤盤です。 耳に残る名曲がずらり、その今なお色褪せることのない楽曲レベルの高さは圧巻です。 一応説明しておきますと、イギリスの港町リヴァプールで結成され、1962年「Love Me Do」でデビュー。70年に解散して以降もロック・ポップスシーンに多大な影響を与えています。 メンバーはジョン・レノン(リズム・ギター)、ポール・マッカートニー(ベース)、ジョージ・ハリスン(リード・ギター)、リンゴ・スター(ドラム)。 その世界的な人気は凄まじく、“ビートルマニア”と呼ばれる熱狂的ファンを作り出し、さらには“最も成功を収めたロックグループ”としてギネスに認定されています。 「All My Loving」は63年リリースの2ndアルバム「With The Beatles」に収録のナンバー、作曲と唄はポールが担当。 ポールの初期代表作の1つです。
収録CD1962-1966 (1973)
≫ 購入
 > Amazon
 > HMV
≫ レンタル
 > DISCAS
 > DMM
 > ぽすれん *
≫ 試聴
 > iTunes
 > YouTube
(Disc1)
01. Love Me Do
02. Please Please Me
03. From Me To You
04. She Loves You
05. I Want To Hold Your Hand
06. All My Loving
07. Can't Buy Me Love
08. A Hard Day's Night
09. And I Love Her
10. Eight Days A Week
11. I Feel Fine
12. Ticket To Ride
13. Yesterday
(Disc2)
01. Help!
02. You've Got To Hide Your Love Away
03. We Can Work It Out
04. Day Tripper
05. Drive My Car
06. Norwegian Wood (This Bird Has Flown)
07. Nowhere Man
08. Michelle
09. In My Life
10. Girl
11. Paperback Writer
12. Eleanor Rigby
13. Yellow Submarine
オススメ曲… (1)#01, 04, 05, 06, 08, 13 (2)#01, 03, 04, 11, 12, 13
総合的オススメ度… ★★★★★
イントロ引用
etc.
artisttitle
iTunes
The DickiesYou Drive Me Ape (You Big Gorilla)YouTube
▲曲目リストへ戻る


08 titleStand By Your Man
artistTammy Wynette (official)
1998年、55歳にして亡くなったカントリー・ミュージックの女王、タミー・ウィネット。 42年ミシシッピー出身の彼女は生後9ヵ月で父親を亡くし、幼い頃から祖母とゴスペルを歌いピアノやギターを学びました。 17歳で結婚、子供も3人授かりました。 デビューのきっかけとなったのは65年、"カントリー・ボーイ・エディ"というテレビのショウでした。 エピック・レコードと契約を結ぶと、66年「Apartment #9」でシングルデビュー。 以降は「I Don't Wanna Play House」「D-I-V-O-R-C-E」などカントリーチャート1位を独占。 中でも一番有名なのが68年の「Stand By Your Man」(15分で作ったらしい)でポップチャートでも19位を獲得しています。 同年にカントリー界の大物ジョージ・ジョーンズと結婚(3回目)し、デュエット曲もリリースするなど、カントリー・ボーカル界のファースト・レディとして活躍しました。
収録CDThe Definitive Collection (1998)
≫ 購入
 > Amazon
 > HMV
≫ レンタル
 > DISCAS *
 > DMM *
 > ぽすれん
≫ 試聴
 > iTunes
 > YouTube
01. Stand By Your Man
02. D-I-V-O-R-C-E
03. Your Good Girl's Gonna Go Bad
04. Every Breath You Take
05. I Don't Wanna Play House
06. Kids Say The Darndest Things
07. 'Til I Can Make It On My Own
08. Near You
09. Singing My Song
10. Sometimes When We Touch
11. Good Lovin'
12. My Elusive Dreams
13. He Loves Me All The Way
14. Silver Threads And Golden Needles
15. You And Me
16. Golden Ring
17. We're Gonna Hold On
18. My Man
19. Reach Out Your Hand
20. Run Woman Run
21. Take Me To Your World
22. Ways To Love A Man
23. Woman To Woman
24. Womanhood
25. Greener Than The Grass (We Laid On)
26. Easy Come, Easy Go
27. Justified And Ancient
オススメ曲… #01, 02, 03, 04, 07, 10, 11
総合的オススメ度… ★★★☆☆
▲曲目リストへ戻る


09 titleSan Francisco (Be Sure To Wear Flowers In Your Hair)
artistScott McKenzie (official)
1939年フロリダ州ジャクソンビル出身。 スコット・マッケンジーと言えばこの曲!というぐらい世界中、もちろんここ日本でもヒットした「San Francisco〜(花のサンフランシスコ)」。(一発屋となってしまいましたが…) 個人的にも大好きなナンバーです。 この曲は67年に発表され、自然や平和、愛、自由を愛し、脱社会的活動をする若者たち、ヒッピーのアンセムとして広がっていきました。 全米4位、全英1位の売り上げを記録。 当時ママス&パパスのジョン・フィリップス(母親同士が友人だったという繋がりから親しくなった)との共作であり、ジョンもギターでレコーディングに参加しています。 サンフランシスコを訪れる際はこの曲と花飾りをお忘れなく。
収録CDStained Glass Reflections: Anthology, 1960-1970 (2001)
≫ 購入
 > Amazon
 > HMV
≫ レンタル
 > DISCAS *
 > DMM *
 > ぽすれん *
≫ 試聴
 > iTunes
 > YouTube
01. Ride, Ride, Ride
02. Someone To Talk My Troubles To
03. River, She Come Down
04. Look In Your Eyes
05. No, No, No, No, No
06. Holy Man
07. San Francisco (Be Sure To Wear Flowers In Your Hair)
08. Like An Old Time Movie
09. Celeste
10. It's Not Time Now
11. Don't Make Promises
12. Reason To Believe
13. What's The Difference
14. Look In The Mirror
15. Yves
16. Crazy Man
17. 1969
18. Dear Sister
19. Going Home Again
20. Stained Glass Morning
21. Illusion
22. Take A Moment
オススメ曲… 
総合的オススメ度…
イントロ引用
etc.
artisttitle
iTunes
Bad ReligionStranger Than FictionYouTube
▲曲目リストへ戻る


10 titleI Only Want To Be With You
artistDusty Springfield (official)
1939年ロンドンのハムステッド出身。 本名はメリー・インベル・キャリン・オブライエン。99年にこの世を去っています。 59年に彼女は兄のトムが組んでいたグループ、スプリングフィールズに加入し、シングルヒットを数曲飛ばした後間もなく解散、その後ソロ・アーティストとして63年に活動を開始しました。 「I Only Want To Be With You(二人だけのデート)」はデビュー曲。ベイ・シティ・ローラーズによるカバーも有名です。 「Spooky」はトヨタの車(イスト)のCMにも使われていた曲です。個人的にダスティのこのハスキーな低音ヴォイスにハマりました。 この歌声を聴いているだけですごく落ち着きます。ちなみに右のアルバムのコンセプトは「午後のコーヒー的なシアワセ」、聴いて納得!
収録CDDusty Springfield for Cafe Apres-midi (2003)
≫ 購入
 > Amazon
 > HMV
≫ レンタル
 > DISCAS *
 > DMM
 > ぽすれん *
≫ 試聴
 > iTunes
 > YouTube
01. I Only Want To Be With You
02. Don't Let Me Lose This Dream
03. I Can't Wait Until I See My Baby's Face
04. Am I The Same Girl
05. Sunny
06. Come Back To Me
07. Meditation
08. Sweet Lover No More
09. Another Night
10. I'll Try Anything
11. The Look Of Love
12. Spooky
13. Just A Little Lovin'
14. Son Of A Preacher Man
15. A Brand New Me
16. Don't Forget About Me
17. Magic Garden
18. (They Long To Be) Close To You
19. Time After Time
20. This Girl's In Love With You
21. Easy Evil
22. Breakin' Up A Happy Home
23. I Just Wanna Be There
24. Mama's Little Girl
25. Mixed Up Girl
26. Sea And Sky
27. Live Here With You
28. Make It With You
29. You've Got A Friend
オススメ曲… #01, 05, 17, 18, 25
総合的オススメ度… ★★★★
イントロ引用
etc.
artisttitle
iTunes
FangThe Money Will Roll Right InYouTube
▲曲目リストへ戻る


11 titleRunaway
artistDel Shannon (official)
1934年アメリカ・ミシガン州出身。 本名はCharles Weedon Westover。 デビュー前音楽活動をしていたクラブのオーナーのリングネーム(昔レスラー志望だったらしい)と大好きだった車から名前を取りデル・シャノンと名乗ることに。 61年「Runnaway(悲しき街角)」でデビューすると、全米・全英ともに1位を獲得します。 この曲はオールディーズのコンピレーションには必ずと言っていいほど入っている代表曲です。 サビ部分のまるでサイレンのような声が非常に独特です。 その後も「Hats Off To Larry(花咲く街角)」「Little Town Flirt(街角のプレイガール)」などがヒット。 63年にイギリスで行われたコンサートでビートルズと共演すると、帰国後その時イギリスでヒットしていた「From Me To You」をカバー。 当時アメリカではまだ無名だったビートルズ、これがアメリカ人による初めてのカバーとなりました。 90年に銃で頭を撃ち抜き自殺、その原因は未だはっきりとわかっていません。
収録CDRunaway: The Very Best of Del Shannon (2002)
≫ 購入
 > Amazon
 > HMV
≫ レンタル
 > DISCAS
 > DMM *
 > ぽすれん *
≫ 試聴
 > iTunes
 > YouTube
01. Runaway
02. From Me To You
03. Little Town Flirt
04. Jody
05. I Go To Pieces
06. Happiness
07. Do You Wanna Dance?
08. (Marie's The Name) His Latest Flame
09. Hats Off To Larry
10. Go Away Little Girl
11. Ginny In The Mirror
12. Don't Gild The Lily, Lily
13. Keep Searchin' (We'll Follow The Sun)
14. Kelly
15. Runaround Sue
16. Stranger In Town
17. Running Scared
18. Hey Little Girl
19. The Swiss Maid
20. Handy Man
21. Dream Baby
22. Two Kinds Of Teardrops
23. That's The Way Love Is
24. So Long Baby
25. Two Silhouettes
26. Misery
27. I Won't Be There
28. Lies
29. Cry Myself To Sleep
30. Runaway - (Alternate Take)
オススメ曲… 
総合的オススメ度…
イントロ引用
etc.
artisttitle
iTunes
The Sex PistolsEMIYouTube
▲曲目リストへ戻る


12 titleWill You Love Me Tomorrow
artistThe Shirelles (official)
女子高生の友達同士で1958年ニュージャージーにて結成された、シャーリー・ローレンス率いる黒人女性4人組。 学校のコンテストでオリジナル曲「I Met Him On A Sunday」を歌い大盛況、それを見ていたクラスメートの一人。 その母親が当時小さなレコード会社のオーナーであったフローレンス・グリーンバーグで、その実力を知るとすぐに契約を結ぶこととなります。 同曲でデビューし全米トップ50に入るスマッシュヒットを記録すると、61年にはキャロル・キングとジェリー・ゴフィン作の「Will You Love Me Tomorrow」が女性コーラスグループとして史上初の全米No.1を獲得。 ガール・グループの先駆者かつ代名詞的存在となりました。 以降も「Mama Said(ママのご意見)」「Baby It's You」(ビートルズがデビューアルバムでカバーしてます)、「Soldier Boy」といったヒット曲を生み出しました。
収録CDGreatest Hits (1999)
≫ 購入
 > Amazon
 > HMV
≫ レンタル
 > DISCAS
 > DMM *
 > ぽすれん
≫ 試聴
 > iTunes
 > YouTube
01. I Met Him On A Sunday
02. Dedicated To The One I Love
03. Tonight's The Night
04. Will You Love Me Tomorrow
05. Mama Said
06. A Thing Of The Past
07. What A Sweet Thing That Was
08. Big John
09. Baby It's You
10. Soldier Boy
11. Welcome Home Baby
12. Stop The Music
13. Everybody Loves A Lover
14. Foolish Little Girl
15. Not For All The Money In The World
16. Don't Say Goodnight And Mean Goodbye
17. What Does A Girl Do?
18. It's A Mad, Mad, Mad,Mad World
19. 31 Flavors
20. Tonight You're Gonna Fall In Love With Me
21. Sha-La-La
22. Thank You Baby
23. Maybe Tonight
24. Are You Still My Baby
25. Last Minute Miracle
オススメ曲… 
総合的オススメ度…
▲曲目リストへ戻る


13 titleDifferent Drum
artistLinda Ronstadt (unofficial)
1946年アリゾナ州トゥーソン出身の女性シンガー、リンダ・ロンシュタット。 カントリーからロック・ポップ、ジャズやメキシカンまで幅広いジャンルを歌いこなします。 彼女は学生時代、フォーク・トリオ、ストーン・ポニーズのリードシンガーとしてデビューしました。 「Different Drum(悲しきロック・ビート)」もその頃の楽曲の一つです。 69年ソロデビュー。 しばらくは注目されていませんでしたが、74年にプロデューサー、ピーター・アッシャーによる「Heart Like A Wheel」がリリース、その収録シングル「You're No Good(悪いあなた)」が全米1位、「When Will I Be Loved(いつになったら愛されるのかしら)」も全米2位に輝きます。 ちなみに彼女のバックバンドとして共に活動していたのが、何とのちのイーグルスです。(22曲目はイーグルスのカヴァー)
収録CDThe Very Best Of Linda Ronstadt (2004)
≫ 購入
 > Amazon
 > HMV
≫ レンタル
 > DISCAS *
 > DMM
 > ぽすれん
≫ 試聴
 > iTunes
 > YouTube
01. You're No Good
02. It's So Easy
03. Blue Bayou
04. Don't Know Much
05. Somewhere Out There
06. When Will I Be Loved
07. Heat Wave
08. Different Drum
09. Poor Poor Pitiful Me
10. Tracks Of My Tears
11. After The Gold Rush
12. Long Long Time
13. Just One Look
14. Heart Is Like A Wheel
15. Back In The U.S.A.
16. That'll Be The Day
17. Hurt So Bad
18. All My Life
19. Ooh Baby Baby
20. Love Has No Pride
21. How Do I Make You
22. Desperado
23. Winter Light
オススメ曲… #01, 02, 06, 07, 22
総合的オススメ度… ★★★☆
▲曲目リストへ戻る


(注)購入・レンタルの各項目の右に * が付いている場合、紹介しているCDではないことを意味します(カバー元となった原曲は収録されています)。