×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP > COLLECT > 原曲紹介 > Love Their Country

Love Their Country
6thアルバムはタイトル通り、カントリー&ウエスタンをカバー。今回は知らない曲が多かったんですが、それでもギミギミズのアレンジにかかれば楽しめるから問題なし!原曲聴いてさらに楽しっ!おすすめは#03, #05, #10, #11あたり。
タイトル原曲アーティスト
01. Much Too Young (To Feel This Damn Old)Garth Brooks1989聴き比べ
02. (Ghost) Riders In The SkyJohnny Cash1979聴き比べ
03. DesperadoEagles1973聴き比べ
04. On The Road AgainWillie Nelson1980聴き比べ
05. Annie's SongJohn Denver1974聴き比べ
06. JoleneDolly Parton1973聴き比べ
07. I'm So Lonesome I Could CryHank Williams1949聴き比べ
08. Lookin' For LoveJohnny Lee1980聴き比べ
09. Goodbye EarlDixie Chicks1999聴き比べ
10. East Bound And DownJerry Reed1977聴き比べ
11. She Believes In MeKenny Rogers1978聴き比べ
12. Sunday Morning Coming DownJohnny Cash1970聴き比べ

※歌詞をお探しの方は、LINKS > その他 > 洋楽歌詞検索サイトetc. から検索してみてください。
※もう1つの原曲? ≫イントロ引用etc.一覧


01 titleMuch Too Young
(To Feel This Damn Old)
artistGarth Brooks (official)
アメリカの伝説的カントリー歌手、ガース・ブルックス。 1962年生まれ。 90年代における最も重要なミュージシャンの一人です。 従来のカントリーをポップやロックと融合させた新しいスタイルで、人々のカントリー音楽に対する偏見を取り除きました。 すごいのは何といってもアルバムの売り上げ。 米国内のみで1億1,500万枚以上を売り上げ、これはエルヴィスビートルズツェッペリンらに並ぶ大記録となり、カントリーは売れないというジンクスを見事に打ち破りました。 89年発表の「Much Too Young〜」は最初のシングルで、この曲収録のデビューアルバム「Garth Brooks(ミスター・アメリカ)」はいきなり400万枚のヒット、続く2nd「No Fences」(1,000万)、3rd「Ropin' The Wind(アメリカの心)」(1,300万)と桁違いのセールスを記録しました。 2001年突如引退を表明しますが、最近復帰したようです。
収録CDThe Hits (1994)
≫ 購入
 > Amazon
 > HMV *
≫ レンタル
 > DISCAS
 > DMM *
 > ぽすれん
≫ 試聴
 > iTunes
 > YouTube
01. Ain't Going Down ('Til The Sun Comes Up)
02. Friends In Low Places
03. Callin' Baton Rouge
04. The River
05. Much Too Young (To Feel This Damn Old)
06. The Thunder Rolls
07. American Honky-Tonk Bar Association
08. If Tomorrow Never Comes
09. Unanswered Prayers
10. Standing Outside The Fire
11. Rodeo
12. What She's Doing Now
13. We Shall Be Free
14. Papa Loved Mama
15. Shameless
16. Two Of A Kind, Workin' On A Full House
17. That Summer
18. The Dance
オススメ曲… #01, 02, 03, 04, 05, 07, 10
総合的オススメ度… ★★★★
▲曲目リストへ戻る


02 title(Ghost) Riders In The Sky
artistJohnny Cash (official)
カントリー界の大御所、ジョニー・キャッシュ。 1932年アメリカ・アーカンソー州出身。 エルヴィスに迫るヒット曲数を誇っており、グラミー賞をはじめ数々の賞を受賞しています。 そんな彼ですが、子供の頃に兄を事故でなくし、父親に「悪魔はできる子の方を奪った」と言われ深く傷付きます。 彼はその心の痛みを音楽へぶつけました。 50年空軍に入隊、そこで本格的にギターや曲作りを始めます。 除隊後バンドを結成し音楽活動を継続、サン・レコードとの契約にこぎつけます。 55年に「Hey Porter」をリリース、“ジョニー・キャッシュとテネシー2”としてデビューを果たすと、その後は「Folsom Prison Blues」「I Walk The Line」「Ring Of Fire」とヒットを飛ばしまくり一躍トップシンガーに。 68年には長年想い続けた末、カーター・ファミリーの娘ジューン・カーターと結婚。 「(Ghost) Riders In The Sky」は79年の作品でカントリーチャート2位を獲得しています。
収録CDThe Essential Johnny Cash (2002)
≫ 購入
 > Amazon
 > HMV
≫ レンタル
 > DISCAS
 > DMM
 > ぽすれん
≫ 試聴
 > iTunes
 > YouTube
(Disc1)
01. Hey Porter
02. Cry, Cry, Cry
03. I Walk The Line
04. Get Rhythm
05. There You Go
06. Ballad Of A Teenage Queen
07. Big River
08. Guess Things Happen That Way
09. All Over Again
10. Don't Take Your Guns To Town
11. Five Feet High And Rising
12. The Rebel - Johnny Yuma
13. Tennessee Flat-Top Box
14. I Still Miss Someone
15. Ring Of Fire
16. The Ballad Of Ira Hayes
17. Orange Blossom Special
18. Were You There (When They Crucified My Lord)
(Disc2)
01. It Ain't Me, Babe
02. The One On The Right Is On The Left
03. Jackson
04. Folsom Prison Blues
05. Daddy Sang Bass
06. Girl From The North Country
07. A Boy Named Sue
08. If I Were A Carpenter
09. Sunday Morning Coming Down
10. Flesh And Blood
11. Man In Black
12. Ragged Old Flag
13. One Piece At A Time
14. (Ghost) Riders In The Sky
15. Song Of The Patriot
16. Highwayman
17. The Night Hank Williams Came To Town
18. The Wanderer
オススメ曲… (1)#01, 15 (2)#01, 03, 08, 14, 17
総合的オススメ度… ★★☆☆☆
▲曲目リストへ戻る


03 titleDesperado
artistEagles (official)
1971年リンダ・ロンシュタットのバックバンドとして活動していたグレン・フライ、バーニー・ リードン、ランディ・マイズナー、ドン・ヘンリーの4人が結成。 72年にデビューアルバムからのシングル「Take It Easy」が全米12位を記録、カントリー・ロックを基調とした軽快なナンバーです。 「Desperado(ならず者)」は同名の2ndアルバムからのピアノがとても印象的な楽曲。 様々なアーティストにカバーされており、最近ではドラマで使われたり耳にすることも多い名曲です。 以降はメンバー変更も経て徐々にロック・テイストを強め、76年発表の5th「Hotel California」が全世界で1,100万枚の大ヒット。 ロック史上最高の名盤としても名が挙がるこの作品で、彼らは世界中にその名を知らしめることに。 79年6th「The Long Run」をリリース、その3年後にバンドは解散しますが、94年に再結成。 2007年には再結成時以来13年ぶりの新作「Long Road Out Of Eden」をリリースしました。
収録CDThe Complete Greatest Hits (2003)
≫ 購入
 > Amazon
 > HMV
≫ レンタル
 > DISCAS
 > DMM
 > ぽすれん *
≫ 試聴
 > iTunes
 > YouTube
(Disc1)
01. Take It Easy
02. Witchy Woman
03. Peaceful Easy Feeling
04. Desperado
05. Tequila Sunrise
06. Doolin-Dalton
07. Already Gone
08. The Best Of My Love
09. James Dean
10. Ol' 55
11. Midnight Flyer
12. On The Border
13. Lyin' Eyes
14. One Of These Nights
15. Take It To The Limit
16. After The Thrill Is Gone
17. Hotel California
(Disc2)
01. Life In The Fast Lane
02. Wasted Time
03. Victim Of Love
04. The Last Resort
05. New Kid In Town
06. Please Come Home For Christmas
07. Heartache Tonight
08. The Sad Cafe
09. I Can't Tell You Why
10. The Long Run
11. In The City
12. Those Shoes
13. Seven Bridges Road (Live)
14. Love Will Keep Us Alive
15. Get Over It
16. Hole In The World
オススメ曲… (1)#01, 04, 09, 17 (2)#01, 02, 07, 15
総合的オススメ度… ★★★★
▲曲目リストへ戻る


04 titleOn The Road Again
artistWillie Nelson (official)
1933年テキサス州出身。 ラジオ局でDJをしていた頃、50ドルで売った自作曲がレコード化されヒットしたことをきっかけに、61年カントリー・ミュージックの聖地、ナッシュビルに移住。 しかし、今では彼の特徴となっている鼻にかかったその声が受け入れられず、しばらくはソングライターとして活動します。 62年にデビューするも売り上げはさんざん。 60年代後期のヒッピームーヴメントに強い影響を受け、72年テキサスに戻り、ここからネルソンのリベンジが始まります。 カントリーにロックやジャズ、フォークを取り入れた音楽性は「アウトロー・カントリー」とも呼ばれ、一挙にブームに。 75年アルバム「Red Headed Stranger(赤毛のよそ者)」の収録曲「Blue Eyes Crying In The Rain(雨の別離)」が大ヒットし、日の目を見ることになりました。 「On The Road Again」は80年のネルソン主演映画「Honeysuckle Rose(忍冬の花のように)」のサントラ曲です。
収録CD16 Biggest Hits (1998)
≫ 購入
 > Amazon
 > HMV
≫ レンタル
 > DISCAS *
 > DMM *
 > ぽすれん *
≫ 試聴
 > iTunes
 > YouTube
01. Blue Eyes Crying In The Rain
02. If You've Got The Money (I've Got The Time)
03. Georgia On My Mind
04. Blue Skies
05. My Heroes Have Always Been Cowboys
06. On The Road Again
07. Always On My Mind
08. City Of New Orleans
09. Forgiving You Was Easy
10. Living In The Promiseland
11. Midnight Rider
12. Remember Me (When The Candlelights Are Gleaming)
13. Uncloudy Day
14. Angel Flying Too Close To The Ground
15. Last Thing I Needed First Thing This Morning
16. Nothing I Can Do About It Now
オススメ曲… #02, 04, 06, 08, 13
総合的オススメ度… ★★☆☆☆
イントロ引用
etc.
artisttitle
iTunes
The MisfitsAstro ZombiesYouTube
▲曲目リストへ戻る


05 titleAnnie's Song
artistJohn Denver (official)
アメリカを代表するカントリー・フォークシンガー、ジョン・デンバー。 もともと人気フォークグループ“チャド・ミッチェル・トリオ”のメンバーの一人でしたが、「Leaving, On A Jet Plane(悲しみのジェット・プレーン)」のヒットをきっかけに独立、活動の場をソロへと移します。 最大のヒット曲「Take Me Home, Country Roads(故郷へかえりたい)」を経て、74年にリリースされたのが「Annie's Song(緑の風のアニー)」。 当時デンバーの妻であったアニー・デンバーのことを想い捧げたもので、愛情たっぷりの歌詞が綴られています。 同年の「Sunshine On My Shoulders(太陽を背にうけて)」に続き2作目の全米No.1シングルとなりました。 その後も、「Back Home Again」「Thank God I'm A Country Boy(すばらしきカントリー・ボーイ)」など立て続けにヒット曲を送り出しました。
収録CDThe Best Of John Denver (2002)
≫ 購入
 > Amazon
 > HMV
≫ レンタル
 > DISCAS *
 > DMM
 > ぽすれん
≫ 試聴
 > iTunes
 > YouTube
01. Take Me Home, Country Roads
02. Leaving, On A Jet Plane
03. Follow Me
04. The Night They Drove Old Dixie Down
05. Mr. Bojangles
06. My Sweet Lady
07. I Guess He'd Rather Be In Colorado
08. Sunshine On My Shoulders
09. City Of New Orleans
10. Rocky Mountain High
11. Mother Nature's Son
12. I'd Rather Be A Cowboy
13. Darcy Farrow
14. Please, Daddy
15. Angels From Montgomery
16. River Of Love
17. Thank God I'm A Country Boy
18. Annie's Song
19. Sweet Surrender
20. Back Home Again
オススメ曲… #01, 02, 05, 17, 18
総合的オススメ度… ★★★☆☆
▲曲目リストへ戻る


06 titleJolene
artistDolly Parton (official)
1946年アメリカ・テネシー州出身の女性カントリーシンガー。 10歳にしてプロデビュー。 高校卒業後にカントリー歌手であるポーター・ワゴナーと出会い、彼のテレビショーに出演。 ポーターとのデュエットで数多くのヒット曲を残します。 73年以降独立し、ドリー本人作曲の「Jolene」をリリース。 出だしの「ジョリーン×4」が印象的なこの曲はカントリーチャート1位を獲得。 オリビア・ニュートン=ジョンが歌ったバージョンも有名です。 同じ頃のヒット曲には、後にホイットニー・ヒューストンがカバーして大ヒットした「I Will Always Love You」も。 80年には映画「9 to 5(9時から5時まで)」に主演し、同名のテーマソングが全米1位を記録。 同作でアカデミー歌曲賞にノミネート、グラミー賞にも輝きました。 この映画を見ても分かりますが、彼女は非常に胸が大きいことでも知られています。(一見の価値あり!)
収録CDThe Best Of Dolly Parton (2002)
≫ 購入
 > Amazon
 > HMV
≫ レンタル
 > DISCAS
 > DMM *
 > ぽすれん
≫ 試聴
 > iTunes
 > YouTube
01. My Blue Ridge Mountain Boy
02. Games People Play
03. My Blue Tear
04. If I Lose My Mind
05. Coat Of Many Colors
06. Just Someone I Used To Know
07. My Tennessee Mountain Home
08. Mule Skinner Blues
09. Last Thing On My Mind
10. Jolene
11. Here You Come Again
12. Starting Over Again
13. Making Plans
14. Once More
15. Old Flames Can't Hold A Candle To You
16. Help!
17. Heartbreak Express
18. Release Me
19. I Really Don't Want To Know
20. I Will Always Love You
オススメ曲… 
総合的オススメ度…
▲曲目リストへ戻る


07 titleI'm So Lonesome I Could Cry
artistHank Williams (official)
1923年アラバマ州生まれ、カントリーの元祖ハンク・ウィリアムスです。 彼は少年時代に黒人のストリートシンガーに魅せられて音楽を始めます。 37年にバンド“ドリフティング・カウボーイズ”を結成。 49年にカントリーの本場、ナッシュビルで行われているショーに出演しメジャーデビューを果たします。 ハンクが25歳の時でした。 以降29歳で亡くなるまでのたった4年間という短いキャリアの中で「Jambalaya」「Cold Cold Heart」など後世に残る数多くの名曲を生み出しています。 「I'm So Lonesome〜(泣きたいほどの淋しさだ)」は49年リリースシングルのB面曲でカントリーチャートNo.1を獲得しました。 若くして逝ってしまったハンクですが、彼の息子ハンク・ウィリアムスJr.をはじめ、娘、孫もまたプロのカントリー・ミュージシャンであり、その血はしっかりと受け継がれています。
収録CDThe Best Of Hank Williams (2006)
≫ 購入
 > Amazon
 > HMV *
≫ レンタル
 > DISCAS
 > DMM
 > ぽすれん
≫ 試聴
 > iTunes
 > YouTube
01. Cold Cold Heart
02. Hey Good Lookin'
03. Jambalaya (On The Bayou)
04. Your Cheatin' Heart
05. Kaw-liga
06. Take These Chains From My Heart
07. Half As Much
08. Settin' The Woods On Fire
09. I Can't Help It (If I'm Still In Love With You)
10. You Win Again
11. Crazy Heart
12. Lovesick Blues
13. Long Gone Lonesome Blues
14. Why Don't You Love Me
15. I'll Never Get Out Of This Worlf Alive
16. I'm So Lonesome I Could Cry
17. Honky Tonk Blues
18. My Bucket's Got A Hole In It
19. Moanin' The Blues
20. Move It On Over
オススメ曲… #04, 12, 17
総合的オススメ度… ★★☆☆☆
イントロ引用
etc.
artisttitle
iTunes
Dropkick MurphysCadence To ArmsYouTube
▲曲目リストへ戻る


08 titleLookin' For Love
artistJohnny Lee (official)
1946年アメリカテキサス州生まれ。 主に80年代初期に活躍したカントリーシンガーです。 酪農場の家で育った彼は、高校時代ロックバンド“Johnny Lee and the Roadrunners”を結成。 卒業後は海軍に入隊、除隊後にナイトクラブやバーでカバー曲を披露していました。 その後、同じカントリーシンガーのミッキー・ギリーとともに10年間ツアー活動などを行いました。 80年にギリーがオーナーのバー「Gilley's Club」が映画「Urban Cowboy」の舞台となり、そのサントラからいくつものヒット曲が生まれました。 その一つがリーの「Lookin' For Love」でした。 この曲でカントリーチャート1位を獲得し有名になります。 以降も「One In A Million」「Bet Your Heart On Me」などで1位に輝くなど人気を博しました。 右のアルバムには「Hey Bartender」といったロックナンバーも収録。
収録CDGreatest Hits (1983)
≫ 購入
 > Amazon
 > HMV
≫ レンタル
 > DISCAS
 > DMM
 > ぽすれん
≫ 試聴
 > iTunes
 > YouTube
01. Lookin' For Love
02. Cherokee Fiddle
03. Prisoner Of Hope
04. When You Fall In Love
05. Bet Your Heart On Me
06. Sounds Like Love
07. Pickin' Up Strangers
08. One In A Million
09. Be There For Me Baby
10. Hey Bartender
オススメ曲… #01, 02, 04, 10
総合的オススメ度… ★★★☆
▲曲目リストへ戻る


09 titleGoodbye Earl
artistDixie Chicks (official)
テキサス州ダラス出身の女性カントリー・ロック・トリオ。 女性グループとして、全てのジャンルを含め最も多くの売り上げを記録しています。 1989年結成当時は4人組で、以降長い下積み生活を過ごします。 95年リードシンガーとしてナタリー・メインズが新加入し、マーティ、エミリーとともに現在の構成に。 これをきっかけに、97年シングル「I Can Love You Better」でメジャーデビュー、カントリーチャートでトップ10入りを果たします。 さらに翌年「Wide Open Spaces」を発表。 このアルバムは1,200万枚以上のセールスを記録、続く「Fly」「Home」も大ヒットします。 「Goodbye Earl」は虐待した夫を友人と共謀し殺してしまうといった何とも恐ろしい内容ですが、曲調は全然違います(笑)。 2003年ロンドンでのコンサート中、ナタリーがブッシュ大統領のことを「同じ州出身で恥ずかしく思う」と発言し、激しい批判を浴びました。 06年にはその事件について書かれた曲も含む「Taking The Long Way」をリリースしました。
収録CDFly (1999)
≫ 購入
 > Amazon
 > HMV
≫ レンタル
 > DISCAS
 > DMM
 > ぽすれん
≫ 試聴
 > iTunes
 > YouTube
01. Ready To Run
02. If I Fall You're Going Down With Me
03. Cowboy Take Me Away
04. Cold Day In July
05. Goodbye Earl
06. Hello Mr. Heartache
07. Don't Waste Your Heart
08. Sin Wagon
09. Without You
10. Some Days You Gotta Dance
11. Hole In My Head
12. Heartbreak Town
13. Let Him Fly
オススメ曲… #02, 03, 05, 08
総合的オススメ度… ★★★☆
▲曲目リストへ戻る


10 titleEast Bound And Down
artistJerry Reed
1937年ジョージア州出身。 カントリーミュージックのギタリスト・シンガーソングライター。 映画俳優でもあります。 子供の頃からギターを弾き、高校時代には既に曲作りもして歌っていた彼は、18歳にして最初のレコードをリリース。 しかしヒットには結び付かず、61年に音楽活動を続けるためナッシュビルへ。 歌手を目指すも始めはセッションギタリストとして活動、66年にギターの師であったチェット・アトキンスの助言もあり、「Guitar Man」を発表します。 これがジェリー初めてのヒットとなり、ラジオで聞いたエルヴィスがすぐさま気に入りカバーを熱望。 ジェリー自身がリードギタリストとしてレコーディングに参加しました。 70年代中期からは活動の中心を俳優業に移し、様々な映画に出演。 そのうちの1つである「Smokey and the Bandit(トランザム7000)」は77年作のアクション映画で、「East Bound And Down」はそのサントラ曲としてヒットしました。
収録CDThe Essential Jerry Reed (1995)
≫ 購入
 > Amazon
 > HMV
≫ レンタル
 > DISCAS
 > DMM
 > ぽすれん
≫ 試聴
 > iTunes
 > YouTube
01. Guitar Man
02. Alabama Jubilee
03. Amos Moses
04. Thing Called Love
05. When You're Hot, You're Hot
06. Smell The Flowers
07. Ko-Ko Joe
08. You Took All The Ramblin' Out Of Me
09. Uptown Poker Club
10. Claw
11. Lord, Mr. Ford
12. Good Woman's Love
13. East Bound And Down
14. Let's Sing Our Song
15. Crude Oil Blues
16. I Love You, What Can I Say
17. Bird
18. Texas Bound And Flyin'
19. She Got The Goldmine (I Got The Shaft)
20. Another Puff
オススメ曲… #01, 07, 13, 17, 18, 19
総合的オススメ度… ★★★☆
イントロ引用
etc.
artisttitle
iTunes
The DamnedLove SongYouTube
▲曲目リストへ戻る


11 titleShe Believes In Me
artistKenny Rogers (official)
1938年テキサス州ヒューストン生まれ。 50年代半ばからシンガーとしてのキャリアを開始、いくつかのバンドを経て67年に“ファースト・エディション”を結成。 当時は長髪にピンクのサングラスとヒッピーを思い起こさせる風貌でした。 バンドは76年に解散し、ソロ活動をスタートさせます。 77年の「Lucille」が全米カントリーチャート1位のヒットとなると、その後も次々にヒット曲を生み出します。 「She Believes In Me」もそのうちの一つで、79年リリースのシングル。 さらに80年にはライオネル・リッチーをプロデュースに迎えた「Lady」がカントリーはもちろんポップチャートでも全米1位の大ヒットを記録。 83年にドリー・パートンとデュエットした「Islands In The Stream」でも全米1位を獲得すると、85年にはUSA For Africaに参加、現在もチャリティ・コンサートなど積極的に慈善活動を行っています。
収録CD21 Number Ones (2006)
≫ 購入
 > Amazon
 > HMV
≫ レンタル
 > DISCAS
 > DMM
 > ぽすれん *
≫ 試聴
 > iTunes
 > YouTube
01. The Gambler
02. Through The Years
03. Lady
04. Lucille
05. Coward Of The County
06. I Don't Need You
07. We've Got Tonight
08. Crazy
09. Islands In The Stream
10. She Believes In Me
11. Every Time Two Fools Collide
12. You Decorated My Life
13. Make No Mistake, She's Mine
14. Share Your Love With Me
15. All I Ever Need Is You
16. Buy Me A Rose
17. Daytime Friends
18. Love Or Something Like It
19. Love Will Turn You Around
20. Morning Desire
21. What Are We Doing In Love
22. Don't Fall In Love With A Dreamer
オススメ曲… 
総合的オススメ度…
▲曲目リストへ戻る


12 titleSunday Morning Coming Down
artistJohnny Cash (official)
本作2曲目のカバー。 ジューン・カーターと結婚後、ジョニーはフォルサム刑務所でライブを行います。 これは刑務所の囚人からのファンレターが多かったジョニーが提案したもので、そもそも彼の音楽キャリアの始まりが「Folsom Prison Blues」(サン・レコードとの契約の決め手となった曲)であり、このライブは彼の以前からの望みでもありました。 この様子を録音したものをライブアルバムとしてリリース、大ヒットを記録し初のグラミー賞を獲得しました。 「Sunday Morning〜(うつろな日曜日)」はちょうどこの時期辺りの70年に発売された曲で、カントリーチャート1位に輝いています。 74年には「刑事コロンボ/白鳥の歌」に犯人役のミュージシャンとして出演、ライブ映像が挿入され話題となりました。 2003年、最愛の妻ジューンが亡くなった1ヵ月後、後を追うようにこの世を去りました。
収録CDThe Essential Johnny Cash (2002)
≫ 購入
 > Amazon
 > HMV
≫ レンタル
 > DISCAS
 > DMM
 > ぽすれん
≫ 試聴
 > iTunes
 > YouTube
(Disc1)
01. Hey Porter
02. Cry, Cry, Cry
03. I Walk The Line
04. Get Rhythm
05. There You Go
06. Ballad Of A Teenage Queen
07. Big River
08. Guess Things Happen That Way
09. All Over Again
10. Don't Take Your Guns To Town
11. Five Feet High And Rising
12. The Rebel - Johnny Yuma
13. Tennessee Flat-Top Box
14. I Still Miss Someone
15. Ring Of Fire
16. The Ballad Of Ira Hayes
17. Orange Blossom Special
18. Were You There (When They Crucified My Lord)
(Disc2)
01. It Ain't Me, Babe
02. The One On The Right Is On The Left
03. Jackson
04. Folsom Prison Blues
05. Daddy Sang Bass
06. Girl From The North Country
07. A Boy Named Sue
08. If I Were A Carpenter
09. Sunday Morning Coming Down
10. Flesh And Blood
11. Man In Black
12. Ragged Old Flag
13. One Piece At A Time
14. (Ghost) Riders In The Sky
15. Song Of The Patriot
16. Highwayman
17. The Night Hank Williams Came To Town
18. The Wanderer
オススメ曲… (1)#01, 15 (2)#01, 03, 08, 14, 17
総合的オススメ度… ★★☆☆☆
イントロ引用
etc.
artisttitle
iTunes
The ClashPolice And ThievesYouTube
▲曲目リストへ戻る


(注)購入・レンタルの各項目の右に * が付いている場合、紹介しているCDではないことを意味します(カバー元となった原曲は収録されています)。